モアチェモアチェの“美食ウエディング”は
100組さまに100通りのお料理を提供する
フルオーダーメイド。

お二人のどんな希望にもお応えし、
お二人ならではの想いを伝えるお料理で
ゲストさまに特別なおもてなしを。


お母様さまが家庭菜園で育てていた苺。
家族みんなが大好きなお母さまの料理と、
お母さまが育てる苺の花をイメージした手まり寿司。

毎年、春になると白い小さなお花を咲かせる苺の花。
苺の小さなお花が咲くころ、手まり寿司を食べながら
お母さまのことをいっぱいお話しするそうです。

苺の花言葉は「幸福な家庭」。
天国のお母さまが娘の新しい家庭を祝福した、
お父さまと新婦さまにとってかけがえのない大切なお料理です。


ご実家がトマト農家をされている新婦さま。
夏のトマトは色やツヤが良く、
甘くみずみずしい旬の野菜になります。
収穫の時期になると朝方から家族全員で収穫し、
洗浄して、出荷する毎日で大忙しになるそうです。

出荷作業が落ち着くころ、カタチが不揃いなトマトは
おばあちゃんが茹でてくれる素麺と一緒に
お昼の食卓に並ぶそうです。

家族みんなで育てたトマトでガスパチョを作り、
おばあちゃんが作ってくれる素麺をカッペリーニに見立てて、
特製冷やしパスタを前菜としておもてなしいたしました。

新婦さんが小さいころからずっと食べていた
おいしいそら豆。
地元の鹿児島で農家をしている叔父さんが
栽培したもので、大好きだったそうです。

生まれ故郷を離れ、12年ぶりに帰省し、
久しぶりに会った叔父さん。
「大きくなったなぁ。
春先に送ったそら豆おいしかったかい?」
すっかり忘れていてなにも答えられなかった新婦さん。

「お前が赤ちゃんのころ、
おもちゃ代わりにそら豆で遊んでいたんだよ。」

毎年のように食べていた自分を思い返し、
そら豆が大好きだったことを
叔父さんは覚えてくれていたのに、
新婦さんは忘れてしまっていました。
涙が止まらなかったそうです。

春に結婚式を決めた理由は
叔父さんのそら豆を使いたかったから。

そんな新婦さんと叔父さんの想いを込めた
エピソードメニューです。

100組さまに100通りのお料理

モアチェモアチェは
とことん「料理」こだわります。
それは料理でおふたりの想いやおもてなしの心を
表現できるからと信じているから。
だから食べて笑って、おいしい時間を過ごしてもらいたいのです。

“おいしい”と“しあわせ”はとても似ています。

結婚式の日にお世話になった方々と
おいしい時間を過ごすことが、
これからはじまる人生にとって、
何よりも「しあわせのレシピ」。

私たちはいつも、
そんな想いで結婚式をつくり上げています。


おふたりの心に大切にしまっている
伝えたい想いをぜひご相談ください。